読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tamflexの貯蔵庫

やる気のない備忘録

簡易NASの構築

IT IT-linux(ubuntu) IT-windows IT-network

大昔に格安で買ったBuffalo製無線LANルータWZR-HP-AG300HにNAS機能が付いていた.

自宅にはUbuntuWindowsマシンがありネットワークを共有しているので, 自宅でファイル共有が簡単にできればよいと思い今回この機能を使ってみた.また今回,使わなくなったポータブルHDD(320GB)が偶々余っていたのでHDDにして使ってみた(ポータブルではなくなるけど).

ファイルシステム

まずファイルシステムについて, WZR-HP-AG300HはFAT32かXFSに対応している. 自分はWindows,Linux両方での利用を想定しており,またそこまで大きなファイルを扱うつもりはなかったのでFAT32に決定した.なお32GB以上の領域は標準でフォーマットできないので今回以下のフリーソフトを利用した.

ネットワークの設定

次にネットワークの設定だが, 自宅にはNTTのひかり電話ルータがあるので, スループットの関係上, 無線LANルータはブリッジモードで利用している. しかし無線LANルータはブリッジモードの時デフォルトでipアドレスが192.168.11.100に設定されており, ひかり電話ルータの192.168.1.*のネットワークと異なる場所に存在する. そこでまずWZR-HP-AG300Hに固定ipを割り当てた.手順は以下のとおり,

  1. ブリッジモードに設定する.
  2. 自分のコンピュータのipアドレスを192.168.11.**(192.168.11.100以外)に一時的に設定する.
  3. 192.168.11.100に接続しAirStationよりipアドレスを192.168.1.*に設定する(今回は192.168.1.222とする. なおこのipは記録しておく)
  4. コンピュータのipアドレスを元に戻す(192.168.1.*にする)
  5. 設定したipに接続し(今回ならば192.168.1.222)変更されているかどうか確認する.
  6. お好みでユーザー設定しアクセス制限をかける.
  7. 自分のコンピュータのipアドレスの固定を解除する.今回はWindowsマシンから設定を行ったがUbuntuからでも設定できる.

Windowsマシン

"\\192.168.1.222"と打てばdisk1_dp1という共有ファイルがあると思うのでネットワークドライブを割り当てておく. 先ほどアクセス制限を設けていた場合,userとpasswordを入力してファイルを扱えるようになる.

Ubuntuマシン

UbuntuマシンからNASにアクセスするにはマウントする必要がある.以下に備忘録としてコマンドを記しておく.

  • cifs-utilsのインストール
$ sudo apt-get install cifs-utils
  • 手動でのマウント・アンマウント
$ sudo mkdir /media/hogehoge
# マウント先のディレクトリの作成
$ sudo mount -t cifs -o username=[USRNAME] //192.168.1.222/disk1_pt1 /media/hogehoge
# パスワードの入力が求められる
$ sudo umount /media/hogehoge
# アンマウント
  • ログイン時にマウントできるようにする.

/etc/fstabに以下を追記する.

//192.168.1.222/disk1_pt1   /media/hogehoge/   cifs   username=[USERNAME],password=[PASSWORD],defaults    0    0

rebootして確認しよう.

※以下を参考させていただきましたm(_ _)m.