Tamflexの貯蔵庫

やる気のない備忘録

aoj 0040

アフィン暗号 | Aizu Online Judge

初歩的な暗号. シーザー暗号に毛の生えた程度.
今回も問題そのものよりI/Oに手間取ってしまった.
まず空白で区切らないでcinする方法について,これはgetlineを用いる.一番目にnをとるのでcin.ignore()でバッファを消去することを忘れてはならない.
python, rubyで標準的にあるsplitもc++にはないので書く必要がある. この際以下を参考にした.
C++で文字列のsplit | Story of Your Life
あとは4文字の単語に対して全探索すればよい. 前もシーザー暗号の問題を解いたことがあるけれども, やっぱり文字をascii codeで数値として扱うc言語は便利だなあ.
と思ったけど調べてみるとRubypythonにもあるようです.


でも使い勝手はcのほうがいいかも

vector<string> split(const string &str, char delim)
{
  istringstream iss(str); string tmp; vector<string> res;
  while(getline(iss, tmp, delim)) res.push_back(tmp);
  return res;
}

void solve(string s)
{
  vector<string> words = split(s,0x20);
  for(auto t : words)
  {
    if(t.size() != 4) continue;
    else
    {
      FOR(a,1,25)
      {
        if(gcd(a,26)!=1) continue;
        FOR(b,0,25)
        {
          string tmp = t;
          REP(j,4) tmp[j] = 'a'+((a*(tmp[j]-'a')+b)%26);
          if(tmp == "this" || tmp == "that")
          {
            REP(i,s.size()) if(s[i] != 0x20)s[i] = 'a'+((a*(s[i]-'a')+b)%26);
            printf("%s\n",s.c_str());
            return;
          }
        }
      }
    }
  }
}

int main()
{
  cin.tie(0);
  ios::sync_with_stdio(false);
  int n; cin >> n; cin.ignore();
  REP(i,n)
  {
    string s;
    getline(cin,s);
    solve(s);
  }
  return 0;
}